お知らせ

春の音…

歩く音がシャリシャリ(雪の音)っとしてくると春を告げられているような気がする。まだ外は寒いし、なごり雪が降る。。。そんな時は温もりを感じるために頭の中でピンク色をイメージする。なんとなくではあるが、ワクワクしてくるのではないだろうか・・・

さて、昨年8月よりレシピ動画を開設し、50本の動画をアップすることができた。一年前は動画制作することなど想像していなかった。全くの素人… デュオを組んでいるReicoと手探り状態であったが、動画についての規約から著作権のこと必要な機材、撮り方、編集の仕方を学ぶことから開始した・・・

何よりも一番肝心なことは、誰へのメッセージか?ということであった。きっかけはたった一人で遠くへ転勤した友人であった。それは、”孤食”である。チンして食べるものではなく。料理が楽しめることでなければならないということだ。

物価が高騰している今だからこそ、スーパーへ買物をしに行って感じたことをテーマにしようと考えたのである。おつとめ品コーナーには人だかり、鮮魚、精肉売り場ではOFFのシールが貼られるのを待っている人々、厚揚げ、ソーセージ、ベーコンといった加工品がよく売れているということ、牛乳より低脂肪牛乳が多く並ぶようになったことなど・・・

世界情勢は… 戦争が終わらず飢えている人間がいるという現実と日本は景気がいいようなことを言っていても生活に変化を感じることはない。これからも、健康志向、節約、どんな時でも楽しむことを伝えていける、レシピ動画創りを制作し継続していくことを心掛けていく・・・

いつも応援のメッセージやメールありがとうございます。感謝

今夜も乾杯!

旅籠屋

ああぁぁぁ~寒い。。。温泉で温まりたい

日本酒好きにはたまらない「定山渓商店 旅籠屋-hatagoyaー」もともと渓流荘という札幌市の保養所であった築四十七年目のリノベーション宿である。

もっと自由にもっと気ままにをコンセプトに”誰と行くかは決まっているが” 計画を立てないで気軽に旅をする… そして好きなように過ごす… う~ん^^私にピッタリな温泉宿だ♡

到着したのは18時、ウェルカムドリンクとともに数量限定の奈良漬けコロッケは忘れられない美味しさである。奈良漬けをコロッケの中に閉じ込める発想は、取り入れてみることにしよう。

館内には日本酒の状態を保つために、暗くてひんやりした”蔵”があり100種類以上揃えてある。もちろん見学させてもらった。渡されたのは蔵の鍵と懐中電灯。酒との出合いを楽しませてくれた・・・

夕食は焼肉コース1種類のみ。実にシンプルで分かりやすく食べ残ししないよう考えている。肉はこだわりが詰まっている。朝食はじっくりと煮込んだカレーライスと雑炊どちらかを選ぶことになっているが無駄がない。

就寝前のひとときは、酒ラウンジでくつろぎ”オセロゲーム”に熱が入った。ゆるりと、ゆったり、まったりと大人の空間で贅沢な時間を過ごすことができた・・・

次回は、初夏の頃にでも…

新たな、銘酒との出合いを楽しみに・・・

長芋とエビのバター煮

Mon Frèreの最新動画にて公開中です!

バットのようなボディーをもつ長芋… 大昔、ウナギが変身したものと信じられていたそうです。なぜかと言うと切った中から釣り針が出てきたという逸話があり、「ヌルヌルして泥に潜っている」とか「食べると精がつく」などウナギと共通点があります^^ トロロご飯ばかりではなく本日はエビとバター煮で長芋の魅力をご紹介します♡ (参考資料)

作りやすい材料:長芋400g 冷凍むきエビ150g バター20g 小ネギ適量 水60ml 白だし30ml

①長芋はある程度髭根を取り皮付きのまま輪切りに切る。

②フライパンにバターを熱し溶けたら①をのせてエビものせる。

③水、白だしを加え蓋をし中火で3分蒸し焼きにする。

④途中、ソースをかけながら煮詰める。

⑤味がしみてきたら器に盛り付け小ネギをトッピングし完成です。

極上のおつまみ出来上がりました!

今夜も乾杯!

赤い菊

思いがけないところからの招待チケット… しかも開催期間中、何度でも来場OKなパスポート。

LAST SNOW 札幌国際芸術祭SIAF2024である。いくつもの会場があり、ひろがる、ゆだねる、シンプル、つながる。と4つのアートで楽しませてくれた北海道近代美術館は素晴らしかったが、演劇のための空間であったところにアートで飾った未来劇場に刺激された・・・

これから100年、私たちはどのように生きていくのだろうか… というテーマでタイムトラベル、未来の風景など光とテクノロジーとどう共存していくか、どこへ向かっていくのか、、、、ウイルスと細胞… 目に見えない生命力を表したガラスアート。。。

2023年には世界各地で「災害レベル」という形容詞が使われた。去年さっぽろでも36.3度という今までにない最高気温観測を出したことにふれ、今ある危機にどう向き合うか、、、、という課題を与えられているようであった。

この血のイメージでつくられた”赤い菊”は、舞台上から見ることができ強烈に印象を与える作品である。パンデミック禍を支えた医療従事者の防護服に使用されたタイベックという素材でつくられている。

表現者になりたくて写真と音楽にのめり込んだ若い頃を思い出した。表現するということは見ている側にイメージを与え納得させることなのかもしれない・・・それが芸術なのかは分からないが 

もう一度、赤い菊を見にいこう・・・

(一部会場ガイドブックより)

ごぼう甘酸っぱい豚きんぴら

Mon Frèreの最新動画で公開中です!

ごぼうは収穫前、フキのような大きな茎と葉をもっていることはご存知でしょうか?葉ごとひっこ抜くと、その長さは2~3メートルの長さになります。大きな葉でサンサンと太陽の輝きを受け取り栄養がギッシリと詰まり、味わい深いごぼうになります。ダイエットにはオススメですよ^^

材料2人分:ごぼう150g 豚肉切り落とし200g 大葉10枚 サラダ油大さじ1 A{酢大さじ1 しょうゆ大さじ1 酒大さじ2 砂糖小さじ2}白煎り胡麻大さじ1

①ごぼうは縦半分に切り太ければもう半分に切る。斜め薄切りにし水に5分さらしておく。

②フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を白くなるまで炒めごぼうを加え油がなじむまで炒める。

③Aを加えて炒め煮にする。

④白煎り胡麻を加え混ぜ合わせ、器に盛り付け千切りにした大葉をトッピングし完成です。

今夜のご飯のおかず、お酒のおつまみにも抜群です♡

今夜も乾杯!

なれない…リッド

さっぽろ雪まつりが開催され観光客で溢れ中心部は賑わっている。”チカホ”は人々の歩く足音より、ズーッズーッっとスーツケースの引っ張る車輪の音の方が聞こえてくる…

先日どうしてもクロワッサンが食べたくて、パン屋にイートインしたが一緒に注文した珈琲が紙カップに入っていた… なんだか残念な気持ちに苛まれた。

紙カップに入っているのがすっかり定着され、出勤前にテイクアウトする人々が増えた。並んで珈琲を買うのが当たり前のスタイルとなってきたようだ・・・

紙カップについているアレ?(・・?そうアレ?・・・蓋のことである。”リッド”というらしいが、私はいまだに外して飲んでいる。というのも初めてコレをつけて飲んだところ、ヤケドをしてしまったからである。(飲み方ヘタね)どうもなれない… 様々な珈琲店がさっぽろに上陸したが、どこも混雑していて忙しそうだ。。。

私の「珈琲たいむ」は、ゆるりと味わいたいのでコーヒーカップ(ソーサー付き)で入れてくれる場所で読書を楽しみながら頂くことにしよう。今日は天気が良く窓際の席だったので、珈琲に向かいのビルが映っている。

因みに、ご存じだとは思うが… (・・?日本ではお持ち帰りがテイクアウトというが、アメリカでは”to go”というらしい

Can I have a coffee to go?こんな感じに。アメリカへ行くことがあったら使ってみることにしよう、、、、

うふふっっ

ブロッコリー豆腐のキッシュ

Mon Frèreの最新動画公開中です!

緑黄色野菜の美味しい食べ方お伝えしますね♡白ワインとの相性抜群でおもてなしにも喜ばれます。

作りやすい材料:ブロッコリー50g 木綿豆腐200g  ベーコン40g 卵2個 牛乳100ml 生クリーム100ml 粉チーズ大さじ1 塩一つまみ コショウ少々 オリーブ油適量

①ブロッコリーは一房ずつ切り分け茹でる。ザルに上げて冷ましてから50g粗目のみじん切りにする。

②ベーコンも粗目のみじん切りにする。木綿豆腐はキッチンペーパーに包んで耐熱皿にのせて500wの電子レンジで2分加熱し水きりをする。

③ボウルに卵を割り入れて溶いたら牛乳、生クリーム、粉チーズ、塩、コショウを加える。

④③に①、②、木綿豆腐はちぎって加えたら潰しながら混ぜ合わせる。

⑤グラタン皿にオリーブ油をぬり④を流し入れる。

⑥180度に予熱したオーブンで30分焼く。

今夜も乾杯☆☆☆

ー教室からのお知らせー

プライベートレッスン及び外国人観光客ご対応します。日程調整・メニューのご相談お気軽にお問い合わせください。

 

2月3月Lesson13.14

レッスン情報公開しました。どうぞご利用ください。午前11時・木曜のみ19時より開催

Lesson13 メニュー:ハートのチョコレートケーキ・鶏肉ソテープロヴァンス風・カリフラワーのポタージュ

Lesson14 メニュー:煮込みハンバーグデミグラスソース・ほうれん草のホットサラダ・ゴボウのポタージュ

各回ともに グラスワイン又はノンアルコールドリンク付き・コーヒー又は紅茶又はハーブティー

各回ともに 参加費 ¥4400(税込)当日現金払いのみとさせていただきます。Lesson Scheduleを確認の上お申し込みください。クレジットカード決済ご希望の方は Cooking Schooll(クスパ)よりお申込みください。

※尚、開催3日前のキャンセルはお席と食材の準備の為キャンセル料が発生します。ご了承ください。

前々日と前日は半額・当日は全額

皆様のご参加ココロよりお待ちしております。

映画と写真

すっかり映画館で”観る”ということがなくなり、上映期間が短く観たかった映画のチケットを購入しようと思ったら、既に上映が終わっていたことがあり逃がした映画がたくさんある。。。HuluやNetflixで配信されたものを観ることが、いつの間にかあたり前となった・・・(映画館好きなんだけどなぁ)

2021年に公開され話題作となった「MINAMATA」1971年~74年の三年間、水俣で暮らし公害に苦しむ人々を撮影し世界に伝えたアメリカの写真家ウィリアム・ユージン・スミスの実話である。

演じたのは、キャラの濃い役にはぴったりなジョニー・デップ。半世紀前の公害問題であるが、教科書に掲載されているので知らない人はいないであろう。地元の人は現在でも苦しんでいる。

うまく語ることは出来ないが、今ではSNSでたちまちのうちにアップされ一瞬で大騒ぎになり、そして次の話題がアップされると前のはあっという間に忘れ去られる、そのスピード感は恐ろしい、、、、

「日本は平和ボケの国」と誰かが言った。しかし、公害、災害、事故、そして必ずといってもいいほど起きている大地震。自然と環境の変化と戦っている国である。

写真はその時、瞬間を捉え身動きせずに見るもの側に印象深いものを与え、次世代へ残すことが出来ると感じた。

写真のように一度、静止し目を向ける大切さが必要であると「MINAMATA」を観てそう思う。

ジョニー・デップの演技は美しく、カメラを構える姿はセクシーであった・・・

わいん&わたし

しんしんと降る雪はとても静かでココロが落ち着く… 午後3時頃から、さっぽろを囲む雪山に西日があたり美しくしてくれる。とうとう大雪がやって来た、、、交通渋滞が続くがツルツル路面をペンギン歩をきするくらいなら、多少なりとも雪が積もってくれた方が歩きやすく転ばなくてもいい。新雪は歩くとキュッキュッと音がする。

先日、ワイングラスを一つ割ってしまった、、、同じものがないか購入したところで問い合わせたが、“ございません”との返答であった。そう高価なものではないが気に入ったものが一つなくなるのは悲しい。。。理想のワイングラスには中々巡り合えない。

雪が積もるとワインショップへ出向きまとめ買いをする。”ネット注文すれば?”と言われるが、店の中のコルクとワインを積み上げている木箱のほのかな匂いが好きなのである… つい、”ジャケ買い”というのをしてしまう。店主に「ついてますねぇ~あと1本しかありません」なんて言われると・・・

高額なワインには手が出ないが、いいワインがセールで購入できるのはこの店のいいところ。このエチケットと目が合ってしまった。白ワインであるがオレンジワインのように濃いイタリア産。

ボトルは一輪挿しとなった・・・

被災地で懸命に生き抜く皆々様へ、一日も早い平穏な日常の回復をお祈り申し上げます。