YUKARI: 2012年6月アーカイブ

clovercloverclover 四ツ葉のクローバーを見つけるコツ、ご存知かしら?人間の歩く場所に生えているというのです。

 三ツ葉のクローバーは野草です。実は、野草は「雑草」で、そもそも人間の居住空間に生えているものを人間が「雑草」と名づけたのですclub 「踏みつけられても、踏みつけられても、生えてくる雑草のような、たくましい人間になれっsign03」な~んて、あなたも言われたことがあるのでは?三ツ葉のクローバーは、踏みつけられても、さらに生命力が増しupwardright 葉を一枚多くなって生えてくるのです。

 なかなか、お目にかかれないeyeglass 四ツ葉のクローバー。案外、あなたの足元に生えているかもしれませんよ・・・・cloverclovercloverclover

ninjintoorenjisarada.JPG

restaurant 本日のメニューは、「しっかりニンジンの味がする~happy02」とレッスンで人気レシピとなった「ニンジンとオレンジのサラダ」をつくっちゃいましょうsign03

作りやすい材料

ニンジン:1/2本 オレンジ:1個 (小さめなら2個) パセリ:少々 塩:少々

A { EXVオリーブオイル:大さじ2 オレンジ1/2個分絞り汁 レモン汁:大さじ1 ブラックペッパー:少々 }

①ニンジンは千切りにし、ポリ袋に入れ塩を加えてもんでおく。

②オレンジは半分皮をむいておく。

③②の半分はAのドレッシング用に使うので絞っておく。

④①の水けをきり、ボウルに移し②とAを加え混ぜ合わせたら、保存容器に入れ冷蔵庫で冷やす。

⑤器に④を盛り付け、パセリを飾り、召し上がれnote 

happy01 夏らしくなってきましたね。よく冷やして食べるとイケルgood「グレープフルーツでは?」と質問がありますが、OKです。しかし、オレンジのように甘味がないので、酸っぱいですhappy02グレープフルーツなら、ルビーを使ったほうが、彩りがステキかもshine 

wink 「ズッキーニってキュウリの仲間ですか??」と私のレッスンで、毎年この時期になると、必ず質問するメンバーがいます。もうすっかり、夏野菜の代表選手crown になったズッキーニは、ウリ科でカボチャ属、原産はメキシコ北部となっています。確かに、キュウリにそっくりですがhappy02 とってもユニークな食感の持ち主で、オリーブオイルで炒めるとカロテンの吸収率が高まり、免疫力がアップしup 風邪の予防が期待できる選手となっています。

 もうすぐ、7月に入りますが寒い日があります、トマトやナスと一緒にオリーブオイルでしっかり炒めて、ラタトゥイユやrestaurant 本日のメニューの「ズッキーニ麻婆スタイル」いかがですかsign02

zukkkinimabou.JPG

材料(2人分)

ズッキーニ:1本 ニンジン:50g タマネギ:30g ピーマン:1個 ニンニク:1片 豚挽肉:200g

水:300ml 鶏がらスープの素:小さじ1 オリーブオイル:小さじ2 コショウ:少々 水溶き片栗粉

A { オイスターソース:大さじ1 しょう油:小さじ2 豆板醤:小さじ2 てんさい糖:小さじ1 }

①ズッキーニはヘタとおしりの部分を切り落とし、1~1.5センチのサイコロ状に切る。ニンジン・タマネギは、みじん切りにする。ピーマンはタネを取り1センチ角に切る。

②フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたニンニクを炒め、香りが立ったら、①を入れ鶏がらスープの素を加え炒め、水を加える。

③②が、煮立ったらAを加え混ぜ合わせ、水溶き片栗粉を加えとろみをつける。

④③をコショウで調味し、器に盛り付け、召し上がれnote

 

     shineshine 「野菜塾と簡単クッキング・イケ麺フェア」参加者募集中で~すhappy01 

(イケメンはいないけど・・・・bleah )

cherry 「美白」という言葉、日本ではよく使われますが、アメリカではNGannoyです。ご存知でしたか?

 デンゼル・ワシントンが監督・主演した「グレート・ディベーター」を観ましたmovie 1935年アメリカ・テキサス州に、人種差別が色濃くのこり黒人教師が、ゆがんだ社会を正すために大学でディベート(討論)のクラスを立ち上げ、教え子が問題を乗り越えながらupwardright ハーバード大学で行われた討論大会で優勝しますcrown 真実に基づいたストーリーです・・・・。今の日本に欠けているものが見えたような気がします。批判はするけど、正すことをしないで隠そうとする問題があります。政府・福島問題など・・・・。

 もし?「説明せよ・述べよ・論ぜよ」と、個々がしっかりできれば、もっと豊かな社会になるのでは・・・・と、この作品を鑑賞して、そう、感じたのです・・・・think

otonanotirasizusi.JPG

     restaurant 本日のメニューは、「ピリッとする大人のちらし寿司」をつくっちゃいましょうsign03

材料(2人分)

マグロ:300g キュウリ:1/2本 白菜キムチ:80g 白ごま:大さじ1 ご飯茶碗:2杯分(気持ち大盛り) すし酢:大さじ2 白ワインビネガー:大さじ1

A { しょう油:大さじ2 ショウガみじん切り:10g ごま油:大さじ1 コチュジャン:小さじ1 }

①マグロは1Cmの厚みに切り、Aに20分つけておく。

②キュウリは千切りにする。

③白菜キムチは汁気をきり、細かく刻んでおく。

④ボウルにご飯を入れ、すし酢・白ワインビネガーを加え、混ぜ合わせたら③と白ごまを加え、混ぜ合わせる。

⑤お皿に④を盛り付け、②をのせ①を盛り付けた、召し上がれnote

 

         happy01 マグロが、旨いぞ~う!!ピリッとする辛さが、これイケルgood

clover 緑がだんだん濃くなり、北海道の短い夏がやってきます。昼間のポカポカ気温は、睡魔におそわれてしまいますwobbly

 最近私は、野菜とフルーツを同時に簡単に取り入れる「グリーンスムージー」にはまっていますwinkお気に入りは、小松菜・バナナ・キウイです。時々、オレンジ・アボカド・・・・。葉野菜には、ミネラル・ビタミン・ファイトケミカルが含まれているので、フルーツとbananacherry と合わせれば栄養素を豊富に取り入れることができます。そして、ウレシイのがhappy02 ぐっすり眠れるようになり、アンチエイジングも期待できるということですsign03 これからは、大好きなピーチ・スイカ・メロンなど美味しくなります。どんどん取り入れていこうと思います。あなたも、是非、試されては?そして、もっと若々しく、もっと美しく、もっと輝きましょうshineshine

torimunenikutomato.JPG

restaurant 本日のメニューは、TVで話題になりとっても経済的な、鶏むね肉を使って「鶏むね肉のトマトのマリネ」つくっちゃいましょうsign03

材料(2人分)

鶏むね肉:300g トマト:1個 水菜:2株 タマネギ:1/2個 オクラ:2本 白ワインビネガー:30ml

水:30ml めんつゆ:大さじ1 白ワイン:30ml オリーブオイル:小さじ2 塩:少々 コショウ:少々

片栗粉:適量 

①鶏むね肉は、食べやすい大きさに切り、塩・コショウし片栗粉でまぶしておく。

②トマトは適当な大きさに切り、ミキサーに入れ白ワインビネガー・水・めんつゆを加えてかける。

③フライパンにオリーブオイルを熱し、①を両面焼いたら、白ワインを入れフタをし、3分蒸し焼きにする。

④保存容器に薄切りにした、タマネギを敷き③をのせ②をかけてフタをし、冷蔵庫で30分味をなじませる。

⑤お皿にざく切りした水菜を敷き、④を盛り付け茹でたオクラを小口切りにしたのを飾り、召し上がれnote

happy01 さわやかな味わいで召し上がれます。オクラを飾れば☆彡流星のようで楽しくなりますね。

wink 昨日まで、窓を開けると「YOSAKOIソーラン」の喝采や太鼓の鳴り響く音が、聞こえてきましたear今朝は、とても静かな朝を向かえましたが、パッとしないお天気ですねdespair カラッとした北海道らしいお天気を待ち望んでいます。さて、「野菜塾と簡単クッキング・カレーフェア」の参加者の皆様には、とても楽しんでいただいております。ありがとうございますhappy01 本日は、レシピとレッスンの様子を掲載させていただきます。

restaurant 本日のメニューは、どなたにでも馴染みのある、塩サバフィレをアレンジして「塩サバと野菜の焼肉のタレ煮込み」をつくっちゃいましょうsign03

sabayakinikutare.JPG

材料(2人分)

塩サバフェレ:2枚 ニンジン:40g 赤パプリカ:1/2個 シイタケ:4個 タマネギ:1/2個

市販の焼肉のタレ:100ml クッキングシート

①塩サバは4センチの幅に切る。

②ニンジンは千切りにし、赤パプリカ・シイタケ・タマネギは、薄切りにする。

③フライパンにクッキングシートを敷き、①を並べ上に②をまんべんなくのせ、フタをし中火で5分蒸し焼きにする。

④③に焼肉のタレを注ぎ入れ、弱火で5分煮込む。

⑤器に盛り付け、召し上がれnote

happy01 野菜の代わりに、モヤシで作ったら経済的heart04 今回使用したのは、どこのスーパーにでも売っている、某有名焼肉店の「醤油だれ」を使いましたァ~これイケルgood 冷蔵庫に残っていませんか??

 

2012.6.10.JPG       camera ハイsign03 いい顔してくださ~いwink ニンジンの千切りキレイですねshine

2012.6.7m.JPG       camera 本日は、カレーチーズリゾットです。美味しそうにできましたねheart04

         盛り付けもバッチリですgood

2012.6.7.JPG                   camera ハイsign03 召し上がれnote

 

本人の了解で掲載させていただいております。

new 2012年7月8月 「野菜塾と簡単クッキング・イケ麺フェア」の参加者募集します。

 今回は、夏野菜をたっぷり使った、イケルgood麺クッキングをテーマに「イケ麺フェア」となります。happy01 「料理教室のスケジュール」で確認の上お申し込み下さい。

2012.7.pasuta.JPG

restaurant メニュー ほんのり梅風味トマトとツナの冷たいパスタ・チーズ風味の枝豆白和え・カラフルなジュレサラダ・コーヒーまたは紅茶

2012.7jyajyamen.JPG

restaurant  メニュー 黒ごまジャージャー麺スタイル・キュウリとリンゴのナムル・中華スタイルピリ辛春雨サラダ・コーヒーまたは紅茶cafe

 

開催期間 2012年7月3日~8月30日 

       毎週(日)(火)11:00より 毎週(木)18:45より 完全予約制

開催場所 モンフレール(札幌市中央区北二条)参加者には(初回)地図を郵送します。

交通機関 地下鉄東西線バスセンター駅前10番出口より徒歩10分

       JR苗穂駅より徒歩8分

参加費  ¥3000 持ち物 エプロン・筆記用具

募集人数 各回ともに3名様

募集期間 各回ともに開催4日前とさせていただきます。

参加希望者は、ブログ内の「お問合せはこちら」までお願いします。

 

※ 開催3日前のキャンセルは、キャンセル料が発生します。ご了承下さい。

 

             shine 皆様の参加を心よりお待ち申し上げます。shine 

 

wink 「少々ってどれくらい?」とか「私、適量ってキライッsign03」と・・・・sweat01きっちり「量る・計る」という仕事をされている方々が、私のレッスンで参加されています。パン教室の先生・お菓子作りをされる先生・薬剤師さん・管理栄養士さん。など・・・・coldsweats01 どうやら、仕事柄「少々」ということがNGのようですsweat01 キッチンスケールで、材料をきっちり量ります。お見事です。

 私は、最近レシピ作りをしていて、「もしかしたら・・・・おおざっぱすぎたかなぁ~」・・・・なぁ~んて思ったりなんかして。(ちなみに、性格もそうだけど)coldsweats01 塩一摘み・小さじ1/2・オリーブオイル小さじ1と、なるべくおおざっぱにならないように心掛けていきます。しかし・・・・コショウは少々だなァ~

asuparapirafu.JPGrestaurant 本日のメニューは、美味しいアスパラガスが、お店に並んでいますgood「アスパラガスのカレーピラフ」をつくっちゃいましょうsign03

材料(2人分)

グリーンアスパラガス:4本 ニンジン:30g ピーマン:1個 タマネギ:1/4個 ニンニク:1片 合挽き肉:70g ご飯茶碗:2杯分 卵:1個

A { しょう油:大さじ2 カレー粉:小さじ1 鶏がらスープの素:小さじ1 }

ブラックペッパー:少々好みで サラダ油:小さじ2

①アスパラガスは斜め薄切りにする。ニンジン・ピーマン・タマネギ・ニンニクは、みじん切りにする。

②ご飯は温かいうちに、溶きほぐした卵と混ぜ合わせておく。

③フライパンにサラダ油を熱し、①のニンニクを炒めてから、合挽き肉を炒める。肉の色が変わったら、①の野菜を入れアスパラガスが少し柔らかくなったら、②を加え、Aとブラックペッパーをふりかけ炒め合わせる。

④③がパラパラになってきたら、お皿に盛り付け、召し上がれnote

 

                happy01 今日のランチに如何でしょうか?

※ アスパラガスのハカマは取らなくてもいいですよ。bud生命の源である花は、ここから咲くので食べちゃいましょう。 

「野菜塾と簡単クッキング」の参加は、料理教室のスケジュールをご確認の上お申し込み下さい。ありがとうございます。

PROFILE


YUKARI
 料理プロデューサー
 野菜ソムリエ
札幌生まれ札幌育ち
山羊座・O型
2007年 野菜ソムリエ取得
モンフレール主宰
好きな野菜 フルーツトマト
好きな果物 ピーチ
 主な活動
料理教室・講師
料理教室のスケジュール
レシピ・メニュー・商品開発
雑誌・フリーペーパーなどのレシピ提案 連載執筆など
お問合せはこちら

Sponsor


たれ、だし、スープ製造 アイビック食品株式会社