空芯菜とカブのオイスターソース炒め

| | トラックバック(0)
present ある資料に、「自由」と「Liberty」についてふれていました。
 THE STATUE OF LIBERTY ENLIGHTENING THE  WORLD これはニューヨークにある「自由の女神」の正式名称です。アメリカが独立百周年を記念してフランスから贈られたのは、ご存知だと思います。「Liberty」とは・・・・自由の女神は切れた鎖と足かせを踏みつけています。これは、さまざまな弾圧や抑圧から解放の戦いによって、勝ち取った歴史が刻まれているそうです。しかし、残念ではありますが日本語の「自由」には、このような歴史がない為「好き勝手」とか「わがまま」というイメージがあります。(参考資料より)
 私にとって「自由」とは、それは・・・・なかなか手に入らない、憧れの時間のことです。仕事やプライベートで、自分の思い通りにならないことばかりかもしれないけど、時間を大切に楽しくshine 乗り越えていきましょうねsign03

kusinnsaitokabunooisuta.JPGrestaurant 本日のメニューは、読者から空芯菜の簡単クッキングのリクエストで「空芯菜とカブのオイスターソース炒め」をつくっちゃいましょうsign03

材料(2人分)

空芯菜:1束 カブ:1個 ベーコン:40g ブナシメジ:1パック ニンニク:1片
A { オイスターソース:大さじ1 テンメンジャン:小さじ1 しょう油:小さじ1 酒:大さじ1 }

①空芯菜は5センチの長さにざく切りにし、葉と茎に分けておく。

②カブは皮をむき、5ミリの厚さにくし切りにする。

③ブナシメジは石づきを取りほぐす。ベーコンは5ミリ幅に切る。ニンニクはみじん切りにする。

④フライパンにごま油を熱し、②を柔らかくなるまで焼き寄せておく。そのままニンニクを炒め香りが立ったら、ベーコン・ブナシメジを加えAを入れよく絡むまで炒める。

⑤④に①の茎から炒めなじんだら、葉も加え炒め合わせる。火を止め寄せておいたカブを加え混ぜ合わせたら、お皿に盛り付け、いただきますheart04

       happy01 空芯菜はなかなかお目にかかれない方は、小松菜でもイケルgood

funamori.jpgじゃじゃ~んshine 友人のお父様が経営されている居酒屋さんで食べた、「舟盛り」fish タコがまだ踊っていましたァ~happy02 「ザ・北海道」って感じheart01

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 空芯菜とカブのオイスターソース炒め

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mon-f.com/mt/mt-tb.cgi/430

PROFILE


YUKARI
 料理プロデューサー
 野菜ソムリエ
札幌生まれ札幌育ち
山羊座・O型
2007年 野菜ソムリエ取得
モンフレール主宰
好きな野菜 フルーツトマト
好きな果物 ピーチ
 主な活動
料理教室・講師
料理教室のスケジュール
レシピ・メニュー・商品開発
雑誌・フリーペーパーなどのレシピ提案 連載執筆など
お問合せはこちら

Sponsor


たれ、だし、スープ製造 アイビック食品株式会社