長ネギと照り焼きチキンドリア

| | トラックバック(0)

book 日本の食文化の資料を調べているとeyeglass 江戸時代から食べられていた天麩羅。「天は揚げる」 「麩は小麦粉」 「羅は薄衣」という当て字で、戦国時代にポルトガルから伝来し「tempero」調理する意味だそうですが、あなたはご存知でしたか?(参考資料より)

 その天ぷらを食べて体調を崩したのは、徳川家康。sad 73歳で命を奪ったのは、魚の天ぷらだったようです。その後、50年くらい経ち江戸時代には、ファーストフードのように串に刺して立ち食いが、流行っていたようです。wink 現在でも日本人が大好きな「天ぷら」実は私・・・・お恥ずかしいですがbleah いまだに天ぷら上手く揚げられませんsweat01 難しいですね。専門店のカウンターで板前さんと、おしゃべりしながら食べるのが大好きです・・・・confident

nagnegitikindoria.JPGrestaurant 本日のメニューは、レッスンメニューで「長ネギの照り焼きチキンドリア」をつくっちゃいましょうsign03

材料(2人分)

鶏もも肉:150g 長ネギ:1/2本 ごはん茶碗:2杯分 A { しょう油:大さじ4 てんさい糖:小さじ2

みりん:大さじ2 } ピザ用チーズ:60g パン粉:小さじ2 バター:適量 パセリ(ドライ):適量 水:40ml オリーブオイル:適量 コショウ:少々

①長ネギは1cm幅の大きさに切る。鶏もも肉は一口大に切る。

②フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏もも肉を入れAを加え、少し焦げ目がつくまで焼き、長ネギを加え炒める。

③②に水を入れ、ごはんを加えコショウを振り全体にタレがなじむまで炒める。

④グラタン皿の内側にバターを塗り、③を入れピザ用チーズをまんべんなくのせてから、パン粉を振る。

⑤オーブンまたはオーブントースターで、10分くらい焼く。

⑥⑤にパセリを振りかけて、はいsign01いただきますsign03

 

happy01 小さな子供から大人まで、美味しくいただけるメニューです。是非、お試しをgood

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 長ネギと照り焼きチキンドリア

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mon-f.com/mt/mt-tb.cgi/275

PROFILE


YUKARI
 料理プロデューサー
 野菜ソムリエ
札幌生まれ札幌育ち
山羊座・O型
2007年 野菜ソムリエ取得
モンフレール主宰
好きな野菜 フルーツトマト
好きな果物 ピーチ
 主な活動
料理教室・講師
料理教室のスケジュール
レシピ・メニュー・商品開発
雑誌・フリーペーパーなどのレシピ提案 連載執筆など
お問合せはこちら

Sponsor


たれ、だし、スープ製造 アイビック食品株式会社