ナスみそそぼろジャージャー麺風

| | トラックバック(0)

sun 子供の頃北海道では、鰻を食べる習慣はありませんでした。いまだに苦手な人も多く、鰻屋も数件しかありません。大手スーパーやコンビニ24hoursが、それを仕掛け北海道でも「土用丑の日」に食べられるようになったのでしょうか?先日、すすきのにある鰻屋に行きました。珍しく外までズラ~リと並んで待っている人がいて20分待ちましたsweat01 そもそも「本日土用丑の日」とは、夏に売れない鰻を何とか売りたいと、鰻屋に請われた江戸時代の万能学者、平賀源内が大書を店先に貼るようにススメ大繁盛し、真似る店が増えたそうですbook(参考資料より)ちょっとした、知恵と工夫からだったのでしょうねgood  

 1000年前からも食べられていたようです。万葉集に「夏痩せに良しといふ物ぞ鰻漁り食せ」と歌にもあります。次回は、8月2日。7月下旬から北海道も30℃を超える日がやってきます。夏バテ防止には、鰻とスイカを食べましょうねbleah

nasumisosoboro.JPG

restaurant 本日のメニューは、「ナスみそそぼろジャージャー麺風」をつくっちゃいましょうsign03

材料(2人分)

中華麺:200g ナス:2個 豚挽き肉:100g 卵:2個 大葉(青じそ):4枚 ごま油:適量 サラダ油:適量 A{ 白味噌:大さじ1 てんさい糖:大さじ1 みりん:大さじ1 しょう油:小さじ1 }

①ナスはヘタを取り、5mmの厚さのいちょう切りにし、水に5分つけて水けをきる。

②フライパンにいり卵を作って寄せておく。

③フライパンにサラダ油を熱し、豚挽き肉を炒めてから、①を入れAを加えて炒め合わせ、汁気がなくなるまで煮る。

④中華麺は表示時間に茹で、冷水につけて水けをきる。

⑤器に④を盛り、②を散らして③をのせ、せん切りにした大葉をのせ、はいsign01いただきますsign03

 

happy01 食欲が落ちてしまうdown季節ですが、麺ならイケルgood・・・・かなcoldsweats01 (私は、そばばかり食べていますsweat02

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ナスみそそぼろジャージャー麺風

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mon-f.com/mt/mt-tb.cgi/256

PROFILE


YUKARI
 料理プロデューサー
 野菜ソムリエ
札幌生まれ札幌育ち
山羊座・O型
2007年 野菜ソムリエ取得
モンフレール主宰
好きな野菜 フルーツトマト
好きな果物 ピーチ
 主な活動
料理教室・講師
料理教室のスケジュール
レシピ・メニュー・商品開発
雑誌・フリーペーパーなどのレシピ提案 連載執筆など
お問合せはこちら

Sponsor


たれ、だし、スープ製造 アイビック食品株式会社