カブと舞茸のバターしょうゆソテー

| | トラックバック(0)

delicious ぷっくりとしたボディーに、美しい白い肌を持つカブ。もっとも古い野菜の一つで、日本にやって来たのは、弥生時代です。moneybag 買い物をすると、エコバックから必ず、はみ出してしまう大きな葉は、太陽が高くなると葉を広げカブを日差しから守っていることは、あなたはご存知でしたか?sun どうやら?日焼けがお嫌いのようです。この葉は、栄養がたっぷり含んでいるので、食べちゃいましょうね。私は、こまかく刻んで、じゃことしらすを加えて炒め、ふりかけにしちゃいますsign03

 restaurant 本日は、舞茸とのコラボで「カブと舞茸のバターしょうゆソテー」をつくっちゃいましょうsign03

kabumaitakebata.JPG

材料(2人分)

カブ大きいの:1個 舞茸:1パック ニンニク:1片 バター:10g しょう油:大さじ2 オリーブオイル:適量 ブラックペッパー:少々

①カブは皮ごと5mmくらいの厚さの、半月切りにする。舞茸はほぐしておく。

②フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたニンニクを炒め、カブ・舞茸を油がなじむまで炒める。

③②にバター・しょう油・ブラックペッパーを加え、葉も入れてしまう。バターが溶けるまで炒める。

④お皿の盛り付け はいsign01いただきますsign03

book 白い部分は、消化酵素のジアスターゼが、含まれています。胃もたれや胸焼けをする方にオススメです。葉には、カロテン・ビタミンB1・B2・Cが含まれているので、残さず食べて、カブのような、美肌になりましょうねwink

hairde.JPG

hairsalon お知らせ

 2011年6月7日~6月21日まで「北海道ヘアデザイナー100人展」が開催されます。100人のヘアデザイナーの皆さんが、それぞれの豊かな感性、創造、可能性を表現し紹介するイベントです。このブログで紹介している「HAIR GALLERY」の各店舗の店長も参加されています。是非、足を運んでみてくださいdash

イベント会場 札幌市中央区大通西5丁目 昭和ビルB2(地下鉄大通駅1番出口)

        13:00~23:00 日曜祝日定休 入場無料

   

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: カブと舞茸のバターしょうゆソテー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mon-f.com/mt/mt-tb.cgi/244

PROFILE


YUKARI
 料理プロデューサー
 野菜ソムリエ
札幌生まれ札幌育ち
山羊座・O型
2007年 野菜ソムリエ取得
モンフレール主宰
好きな野菜 フルーツトマト
好きな果物 ピーチ
 主な活動
料理教室・講師
料理教室のスケジュール
レシピ・メニュー・商品開発
雑誌・フリーペーパーなどのレシピ提案 連載執筆など
お問合せはこちら

Sponsor


たれ、だし、スープ製造 アイビック食品株式会社