2009年10月アーカイブ

school  NPO法人 青果物健康推進協会で、小学校の高学年を対象に「野菜博士になろう!」というテーマで子供達に、食事バランスガイド・旬の野菜・地元野菜を勉強していただこうと食育出前授業をおこなっています。happy01 私はその「ベジフルティーチャー」として先日、札幌市内の小学校へパートナーのKOZUEチャンと一緒に、今年ニセコで収穫したカボチャ「バターナッツ」をおみやげに持って行って来ましたsign03 本日は、レシピをお休みしてその時の様子を紹介します。

bejifur1.JPG

soccer さぁ~授業始めますよsign03 テキストを配ります。みんな緊張してるぞdelicious

bejifur2.JPG

basketball 北海道で採れる野菜を、テキストに書いて「ビンゴゲームですsign02 どんどん言ってね」

KOZUEチャンは、頑張って黒板に書き込んでくれています・・・・。びっくりしたのは、ズッキーニ・てんさい等が出てきましたpaper 「旬ってなんですかぁ?」 生徒「小栗 旬!!」ですって。

 

bejifuru4.JPG  

baseball 朝ごはんの中に副菜(野菜)が入っていますか??ハンバーガの中にはどうですか?

 

bejifur3.JPGのサムネール画像のサムネール画像

tennis 修了後・・・。生徒には、とてもバターナッツが人気でしたsign03もう~取り合いでしたぁ

batanattu.JPG

wink 「バターナッツ」イタリアからやってきたカボチャです。生徒のほとんどが「ひょうたん」と答えました。ひょうたん形でナッツのような色をしています。スープにするとイケルgood

 

clip 振り返って・・・最近の子供達は、やはり朝ごはんを食べていない子がいます。

今回は、2時限・3時限授業でしたので眠そうな生徒もいました。食事バランスガイドは見たことがあるそうですが、主食・副菜・主菜などの言葉はよく分かっていませんでした。しかし旬の野菜・地元野菜のお勉強は楽しんでいましたhappy02 状況は深刻です・・・。これらもどんどん推進していきます。

 

 

confident 何気ない会話の中で、アイディアやヒントを見いだすことってありませんか?どんなに忙しいときでも身近な学生との対話をhappy01 大切にした天才科学者アインシュタイン。彼は、人と話すことで考えが整理されたそうです。地位・名誉・年代を越えた相手との「語らい」の中でcafe自分を見つめ直して刺激を受けることが、天才科学者にとって不可欠だったそうです。(参考資料より)

wink 私も仕事柄、子供から人生の大先輩であられる年代の方とお会いします。その中で自分が「教える」のではなく「教えていただく」ということが、たくさんあります。これからも人の中へどんどん入って「語らい」を大切に、発見eyeを見いだしていこうと思います・・・・・・。

restaurant 本日のメニューは、先日小学校で市販のすき焼きのタレを使って炊き込みご飯を提案しました。レシピの後にその時の様子を掲載します。「すき焼きのタレで炊き込みご飯」つくっちゃいましたsign03

konsaigohan.JPG

材料(2合炊き)

米:2合 ニンジン:1/4本 ゴボウ:15㎝ ブナシメジ:1/2房 油揚げ:1枚(小) 唐揚げ用鶏肉:2個

すき焼きのタレ(市販品):大さじ6

①米はといでおく。

②ニンジンは皮をむいてせん切りにする。ゴボウは皮をむいてささがきにする。ブナシメジは石づきを取って食べやすい大きさに切る。鶏肉も同じく。

③油揚げは油抜きをして細かく切る。

④炊飯器にすき焼きのタレを入れて2合のメモリまで水を入れてかき混ぜてから、ニンジン・ゴボウ・ブナシメジ・油揚げ・鶏肉の順番にのせて炊飯スタート。

⑤お茶碗に盛り付けて完成ですgood

 

school ゴボウの「ささがき」初挑戦sign03 男子に人気heart04 鉛筆けずりのようにpencilって言っても・・・

「シャープだよ」と言われてしまうcoldsweats01 

kateikay2.JPGsoccer すごいぞう~一人で、こんなに切ったのsign02 包丁慣れてきたねhappy01

kateikay3.JPGscissors イェ~イ完成だいsmile 文化鍋で炊きました。おこげも美味しいから食べるのよheart02

 

clip 振り返って・・・炊飯器ではなく学校では、食文化について学ぶので文化鍋を使用します。私は先生方との打ち合わせの時に「文化鍋で作ります。」と言われて、冷や汗でしたsweat01借りて練習しましたcoldsweats02 本番も大成功で良かったです。普段「おかわり」をしない子供達が、なんとsign02おかわり続出でしたぁ~。「今日、ママにすき焼きのタレ買ってもらう」ですってsports 

run 冬が駆け足でやって来たようです。新しいウールのコートを購入しようか、悩んでいる今日この頃・・・・。あなたもご存知の、脳科学者。book 彼の本を読んで「いま、持っているものを大切にして暮らす」というのが脳にいいそうです。脳には、本来手元にあるもので生きようとする力があるみたいで(寄せ集めて、自分で作る)いまあるものを大切にしてconfident 工夫して使うことで、脳に元気にあたえ鍛えるそうですよ。例えば、冷蔵庫にあるもので上手にお料理をしたり、いまいる友人との関係を楽しんだりhappy01 どうやら、ないものねだりは、脳にはよくないみたいです。いま、持っているコート大切に着ることにしました・・・・・・。

restaurant 本日のメニューは、カボチャではなく丸いズッキーニですsweat01 「丸ズッキーニでラタトュウユ」をつくっちゃいましたsign03

maruzukkini.JPG

材料(2~3人分)

丸ズッキーニ:1/2個 ピーマン:2個 ナス:1個 タマネギ:1/4個 あらびきウィンナー:6本 

ホールトマト缶:1缶(260g) コンソメスープの素:1個(キューブ) オリーブ油:適宜

塩:少々 コショウ:少々

①丸ズッキーニ・ナス・タマネギはくし切りにする。

②ピーマンはタネを取ってせん切りにする。

③フライパンにオリーブ油を入れて①・②をコショウを振って炒める。

④ホールトマトをつぶして③に入れて煮立ったらコンソメの素入れて、あらびきウィンナーを入れ水分がとぶまで煮込む。

⑤④に塩で味を調えてから器の盛り完成ですgood

ratatuyu.JPG

pencil この丸ズッキーニは、一般のズッキーニと味は変わりせんが丸いので使いやすいですscissors

私は、形が大好きなので中をくり抜いて器にしたりします。焼いても・揚げても・蒸しても美味しく頂けます。 

北海道余市産 市内百貨店にて購入可。

 

 

gawk このところ忙しく膨大な資料と格闘でした。やっとのおもいでリフレッシュをしに週末、大好きな温泉と美味しいお料理を食べに一泊二日の旅へ・・・。maple 紅葉が素晴らしかった。(レシピの後写真掲載)黄・橙・紅の葉のコントラストが見事です。部屋の窓からは、風で葉が蝶の様に舞うのです・・・・。

自然は生きている。そして、人間にその強さと変わることのない情景を、四季を通して励まし見せてくれているのですね・・・・。

restaurant 本日のメニューは、西洋野菜のスイスチャードで、おひたし・サラダ・ペペロンチーノ色々作ってみましたが、取りあえず「スイスチャードのゴマ和え」をつくっちゃいましたsign03

buraito.JPG

材料(2人分)

スイスチャード:4葉 すり黒ゴマ:大さじ1 砂糖(てんさいとう):小さじ1 しょう油:小さじ2

塩:一つまみ

①沸騰した湯に塩を入れてスイスチャードをサッと茹でる。

②水気をギュと絞って4cm~6cmくらいにざく切りにする。

③ボールに入れてすり黒ゴマ・砂糖・しょう油を入れて混ぜ合わせて完成ですgood

buraitogoma.JPG

flairスイスチャード。アカザ科で、ホウレンソウの仲間です。赤・黄・白と鮮やかな色を持つ野菜で、食卓を楽しませてくれます。サラダ・オリーブオイルで炒めても美味しく頂けます。

北海道産 市内一部百貨店・道の駅などで見かけます。

kouyou1.JPG

camera 写真は部屋から撮ったホテルの中庭です。shine キレイでしょう。気温は8℃まで低下すると、紅葉が始まるそうです。今が見頃eye 急げdash

happy01 9月14・15日に札幌市内の小学校、6年1組・2組で家庭科調理実習をしました。メニューは、今年生徒たちがジャガイモを栽培したとのことで「ミルク味のポテトサラダ」と「野菜とひき肉のコンソメ炒め」を提案しましたsports この日以来、給食も少しづつではありますが残さないように食べるようになったそうです。ご家族の方からは「一緒にスーパーへ買い物について来て、野菜を選んでくれるようになった」とか「お料理のお手伝いをしてくれるようになった」とwink うれしいお言葉をいただきました。

kateika7mozaiku.JPG

soccer 野菜の実演開始sign03 私 「授業の時に予習をしましたね。トマトはくし切り!!別名は?」

生徒 「スマイルカット!!」元気がいい~smile 私 「ピーマンの栄養は?」生徒 「ビタミンACE(エース)!!」ok 声がそろってるう~ しっかり頭に入っています。

kateika2mozaiku.JPGbasketball 自分の指まで切らないでよ~coldsweats02 

男子が頼もしく包丁をよく持ちました。女子はピーラーで皮むきです。

kateika6mozaiku.JPGbaseball タマネギはみじん切りです。目にしみるねweep そう、そうですね包丁の刃先を手で押さえて上手よheart01 子供たちは、とても素直で教えた通りに実践します。

 

kateika3.JPGtennis 私 「給食が一緒だから、おかずがたくさんあります。残さず食べましょうねdelicious 今日作ったお料理をご家族の方に作ってあげてください」 生徒 「は~いpaper

restaurant 10月は生徒からのリクエストで「根菜たっぷり炊き込みごはん」です~sign03 なんと・・

炊飯器ではなく文化鍋ですよsweat01 借りて練習ですsign02 

clip 振り返って・・・私も何十年ぶりに給食を一緒に頂いてきました。びっくりしたのは、「いただきます」の号令のあと何人か立ち上がってご飯を配膳に戻すのです。私の時代は、おかわりの取り合いですriceball 草の根になりますが、「食べる大切さ・作る大切さ」のテーマを掲げて今後も伝えていこうと思います。     

 

| | トラックバック(0)

confident 少し肌寒くなり朝は上着が必要になってきましたね。人間が心地良いと感じる気温は18℃~20℃位だそうです。空を見上げると夏は湿度が高いので雲が低い位置につきcloud 秋は湿度が低くなるので雲が減って高い空になるそうです。今夜もキレイなshine 夜空を見上げることが出来るかしら?   きっと・・・・moon3

restaurant 本日のメニューは、読者からのリクエストです。旨い・簡単「カレーうどん」ということで残ったルーで「ネギたっぷりカレーうどん」をつくっちゃいましたsign03

karryudon.JPGのサムネール画像

材料(2人分)

ネギ:1本 牛肉切り落とし:200g ゆでうどん:400g だし汁:4カップ カレールー:100g

しょう油:大さじ3 砂糖(てんさいとう):大さじ1 サラダ油:適宜

①ネギはななめに切っておく。

②鍋にだし汁をつくって砂糖・しょう油を順に入れて煮立ったらカレールーを入れる。

③フライパンにサラダ油を入れて牛肉を炒めてからネギも炒める。

④②に③を入れてとろみが出てきたら、うどんを入れて煮込む。

⑤どんぶりに盛り付けたら完成ですgood

smile ネギは新陳代謝の働きを促進。また、殺菌作用があるのでのどの痛みやせきを鎮める作用があります。私は、風邪予防のためにも毎日、納豆やお味噌汁などに入れて食べるようにしています。あとは、毎朝ジンジャーティーを飲んでいます。

 

 

wine 9月の中旬にワインのソムリエさんと一緒に北海道のワイナリーツアーへ行ってきました。'日本のヨーロッパ'と言われる北海道の気候は、湿気が少なく爽やかな場所でありヨーロッパの品種のブドウ作りには適しており、世界でも注目され認められるようになりましたshine また、毎年「国産の果実のみを使用したワインwine」を対象に山梨県主催のコンクールでは、北海道のワインがたくさん受賞していますshine 2000年代から食の安全ということで国産にこだわる人々が増えて、2003年からコンクールでは国産ワインのみとなったそうですhappy01

pinonowaru.JPG

wine 品種は「ピノ・ノワール」岩見沢の㈱宝水ワイナリーで撮影しました。こちらでは、ソフトクリームも作っていてイケルgood

syarudone.JPG

wine 品種は「シャルドネ」浦臼町・鶴沼の北海道ワイン㈱自社農場で撮影しました。447haある広大な農場は、東京ディズニーランドが16個分。南西向きの緩やかな傾斜面に立地していて主に、ドイツ・オーストリー系の品種を栽培しています。

taiyou.JPG

wine ㈱歌志内太陽ファームで撮影しました。一粒取って食べましたが、すっぱいhappy02

wink ワインのソムリエは凄いsign02 何も見ないでペラペラ~と説明をしていて、私が質問した以上のことを教えてくれます。私も野菜ソムリエ・・・sweat01 もっともっと勉強しなくてはと心を改め。とても刺激的な一日で、決意をした一日でもありました。

ワインたくさん飲んだので帰りのバスではぐっすりでしたぁ~bus zzz・・・・。

 

PROFILE


YUKARI
 料理プロデューサー
 野菜ソムリエ
札幌生まれ札幌育ち
山羊座・O型
2007年 野菜ソムリエ取得
モンフレール主宰
好きな野菜 フルーツトマト
好きな果物 ピーチ
 主な活動
料理教室・講師
料理教室のスケジュール
レシピ・メニュー・商品開発
雑誌・フリーペーパーなどのレシピ提案 連載執筆など
お問合せはこちら

Sponsor


たれ、だし、スープ製造 アイビック食品株式会社